ABOUT CLINIC

クリニックについて

1969年より産婦人科病院として上桂に誕生し、お産の病院だけではなく「女性のトータルパートナー」として地域に愛される病院を目標に地域医療に邁進して参りました最新の設備と医療機器を取り揃えつつ、今まで大切にしてきた「親切でアットホームな雰囲気やすごしやすさ」をしっかりと残して、女性が望む医療とサービスを整えております。高度不妊治療施設を本院にもち、不妊治療を望む声により多くお手伝いできるよう、2021年この桂駅前MMihara Clinic(ミハラクリニック)を開業しました。 これまでの経験とスタッフ一同の想いをすべて詰め込んだ『女性に寄り添う桂駅前Mihara Clinic』。

今後もより一層、地域の皆様と共に寄り添い成長しつづける病院を目指して参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

MESSAGE

理事長メッセージ

当院はH24.12月に京都府の高度不妊治療施設(体外受精と顕微 授精)として登録され、H25.2月から助成金対象の施設としても認められました。7組に1組は不妊といわれる中、一人でも多く妊娠していただきたい、という思いから体外受精のできる施設をつくった次第です。

不妊治療のときからずっと診察してきた方が妊娠し、無事出産したときの喜びは医師にとってもこの上なく印象的で嬉しい瞬間です。
一人でも多く不妊で悩む方に、妊娠の喜びや出産の感動を味わっていただきたいと思っています。そこに立ち会うため、私たちも一緒に頑張っていければと思っています。また、当院専属の培養士もいますので無料で相談などもさせていただいています。こちらもご活用していただければ幸いです。

the reason

当院が選ばれる理由

  • 多くの女医の在籍

    なかなか行きにくく相談もしづらいとは思いますが、気になることがあれば少しでも早めに受診いただき、何でも相談してください。当院は女性医師と男性医師で診療にあたっており、男性医師が診療にあたる場合は女性の看護師が必ずついていますので初めての方でも受診しやすい環境を整えております。

  • 当院専属の培養士による相談

    患者さんからお預かりした、卵子や 精子、受精卵のお世話をする“胚培 養士”(通称・培養士)が当院専属 で働いています。体外受精・顕微授精、卵の細かい受精結果、発育結果、 凍結胚移植のご相談(個数やグレー ド)、妊娠率やIVF料金といったことまで、幅広くご相談をお受けしています。

  • 不妊カウンセラーによる相談

    日本不妊カウンセリング学会の認定資格をもつ当院の不妊カウンセラーが、不妊で悩まれている方に対して、不妊、妊娠に関する適切な情報提供を行い、ご夫婦にとって最適な不妊 治療を選択することができるようにアドバイスさせていただきます。

  • 徹底した凍結胚管理

    胚凍結・融解において胚を安全に管 理すべく、不妊治療に関する認定施 設条件をクリアした医療安全管理マニュアルを定め、それに沿って業務 にあたっています。凍結する胚は、1個につき1本の専用 容器(Cryotop)に載せて凍結します。胚が複数ある場合は胚にナンバリングして識別しています。

  • 安心・納得の説明会

    体外受精へのステップアップは、今までと違い注射の回数が増えたり、麻酔を使って採卵したり、料金も高額になったり…と不安しかないと思います。それは、みなさん一緒のこと。説明を聞いてスケジュールの事や年齢の事、料金の事などを少しでも前向きにとらえることが出来る会にしていきたいと思います。

  • 高い妊娠率

    平成25年の高度不妊治療を開始して から、当院で行った不妊治療での実 績データです。IVF(体外受精)は、平成28年は全国平均を上回った非常に良い妊娠率となりました。平成30年の全国平均値がまだ開示されておりませんが、平成30年以降も高い妊 娠率となっております。